スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by KINGSWING
 
[スポンサー広告
生後80日目 ~ゆるゆる便の原因~

生後80日目です。

本日、4匹の便検査に行ってきました。
『直接鏡検(糞便を顕微鏡で直接鏡検)』
『浮遊法(飽和食塩水により虫卵を浮遊させて鏡検)』
という2種類の便検査をしました。

軟便だったコは三男「鬼若丸」と四男「夜叉丸」だった事が判明。

・・・・・・・・・・「軟便の原因」・・・・・・・・・・
◆鬼若丸―「腸管菌」という悪玉細菌が腸管内に増えていた。
◆夜叉丸―「キャンピロバクター」という悪玉細菌が腸管内に増えていた。
(※寄生虫は全員いませんでした。)

注)猫には腸内細菌(善玉菌と悪玉菌)が必ずいます。
健康体の猫は通常善玉菌が悪玉菌を抑えている為、
適切な消化吸収が行われます。

生後3ヶ月迄はその働きが不安定な為、
ちょっとした体調の変化やストレスで
悪玉菌が増えて下痢が起こりやすくなるそうです。
(悪玉菌には、腸管菌・病原性の大腸菌・
キャンピロバクター等が含まれる。)

腸内細菌のバランスを整える為には、
悪玉菌が増えてしまった原因を除去し
整腸剤・適正な抗生物質を飲ませ、治療します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・とかなり長い文章になりましたが、
要はストレス等の心因性が原因で腸内バランスが崩れて
「軟便」になってしまったようです(^-^;)

2匹は「軟便」が原因で軽い「脱水症状」が見られたので、
『皮下輸液』の注射・悪玉菌の増殖を抑える
『抗生物質』の注射を打ちました。

また内服薬で『下痢止め』+『抗生物質』を処方してもらい、
2~3日後に腸内環境が良くなっているか
もう一度便検査をする事になりました。

※もしかしたら長男・長女も感染している可能性が
ある為、一緒に便検査です
(「キャンピロバクター」は糞から感染しちゃうので、
トイレを別にしています。)

※人間が「キャンピロバクター」に感染すると
『食中毒』の症状を起こしますので
糞の処理後はよく手を洗い、感染しないよう未然に防ぎましょう


◆愛王丸(長男) 体重1.25kg 体温38.1℃
◆鬼若丸(三男) 体重1.65kg 体温38.3℃
◆五郎八姫(長女) 体重1.35kg 体温38.3℃
◆夜叉丸(四男) 体重1.45kg 体温38.4℃ 


病院から帰った後の三兄弟。
疲れたんでしょうね・・・大爆睡してます 
疲れたの…
痛い思いさせてごめんね・・・

「いろは」も背を向けて寝てます。
疲れたわ・・・

でも悪い病気じゃなくて良かった~(^-^)

スポンサーサイト
Posted by KINGSWING
comment:6   trackback:0
[生後71日~80日目
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。