スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by KINGSWING
 
[スポンサー広告
母の死因

激動の日々が過ぎ、ようやく少し落ち着いてきました。

でも、未だに実感が湧かないというか・・・

いや・・・まだ現実逃避をしてるんでしょうね。

頭の中が深く考えるのを拒否している。

いつもの変わらない日常を過ごして、考えないようにしてるのかな。




そういえば、亡くなった原因が解りました。

母は勤務先で吐血し、そのまま意識不明で心停止したそうです。

翌日検死が行われたのですが、死因に繋がる要素が無く、

解剖してみないと死亡診断書が書けないと言われました。



その日の内に、水道橋にある「監察医務院」で行政解剖が行われました。

『左胸部大動脈瘤破裂』 との診断名。

左肺には約2Lの血液が溜まっていたそうです。

ネット検索で解ったのは、破裂した場合は致死率80%~90%らしい。

俳優の藤田まことさんもこの病気で亡くなったようです。



症状は声が枯れたりするみたいですが、母は無症状でした。

ただ、身体(の節々)が最近痛いと言っていました。

それ以外はいつも通りの様子でした。

今思うと、血の巡りが悪かったからかもしれません。

でも、その症状だけでは解らなかったかもしれません。



毎日が「~たら・・・、~れば・・・」の繰り返し。

もっと真剣に捉えて、早く病院へ連れて行っていれば・・・

今でも後悔しています。



皆さんも、大切な人の身体、自分の身体に少しでも違和感があれば、

大げさでも病院で検査を是非してみて下さい。

私のように後悔する事が1つでも減ると思いますから・・・


スポンサーサイト
Posted by KINGSWING
comment:0   trackback:0
[私生活
告別式

昨日、午後1時30分に市川市斎場にて母を荼毘に付した。

生前から母は「死んだら火葬だけでいい」と言っていた。

本人の遺志になるべく沿えるよう、通夜は行わず

身内や親しかった友人のみの質素な葬送にした。


2日ぶりに見た母の顔。


霊安室で見た時はただ寝ているだけにしか見えなかったのに。

もう生きてないのだと改めて思い知らされた。

身体は冷凍されて硬く、顔は土気色に変化していた。

もう2度と動く事はないのだ。


火葬場のシャッターが降りた時、あの見慣れた顔を見ることも永遠にない。

初めて人前で号泣した。


焼きあがった母の骨はしっかりしていて、骨壷ギリギリの量だった。

これがあの母の姿なのか。呆然と見ているしかなかった。



4日ぶりに私のアパートに帰ってきた。

16日はいつもと同じ様に仕事に行って来ると送りだしたのに。

帰ったのは骨と遺影だけ。


寂しい。

悲しい。

後悔。


ごめん、かあさん。


Posted by KINGSWING
comment:1   trackback:0
[私生活
亡くなりました。

6月16日の夜、母が亡くなりました。


何の前触れもなく、突然咳き込んで吐血。
そのまま意識不明のまま、意識も戻らす心配停止。
しかも訃報を聞いたのは亡くなった4時間後。


親の死に目にも会えなかった。


61歳。



これからゆっくり老後を過ごせる時だと言うのに。



私みたいな問題児のせいで。
一時も休まる事がなく、馬車馬の様に働き続けて。


職場で心肺停止。


私は世界一の親不孝ものだ。


まだ、現実を受け止められない。
まともに顔が見れない。


辛い・・・辛い・・・辛い・・・


Posted by KINGSWING
comment:0   trackback:0
[私生活
術後2ヶ月経過&転倒後

4月9日の「抜釘&形成手術」から2ヶ月が経過しました。

傷口はこんな状態です。
テープを剥がした直後


前回の術後2ヶ月の傷口がこちら。
ミミズ腫れ


若干盛り上がりが抑えられてる感じでしょうか。
テープで固定してあるおかげです
ただ、やっぱり傷口は赤黒くなってますが・・・



『ボルトを取ってしまえばかなり楽になる』と言われて
期待していた分、現実はそう甘くないんですね・・・

◆痛みの症状は以前と全く変化なし
◆膝のポキポキ音が消えただけ



何でしょう、このやり切れない感じ。
実は「抜釘」しなくても良かったんじゃないかって思います。
痛みの原因はボルトの干渉じゃなかった訳だし。


じゃあ、負荷がかかった状態での屈伸時の痛みは何なのか?


Y先生に聞いても特に明確な答えは返ってこない。
多分、手術時の関節鏡で異常が無かったからだと思う。


最近は「セカンドオピニオン」を考えてます。
正直、不信感で一杯。


しかも先週、リハビリがてらに自転車で病院まで行って、
帰路で自宅まであと数メートルの所の砂利道で転倒しました
(↑単なる自損で自業自得ですけど・・・


只今、左スネがレインボー
汚くてスイマセン・・・


その転倒直後から左膝に違和感と痛みが発生。

伸展時に膝の中でゴリゴリ音が鳴るようになりました。
ただ腫れもないし、熱を持ってる訳でもないので今は様子見です。


前回Y先生の態度が呆れ気味だから、出来れば次回の外来まで行きたくない。

前は半年間の経過観察中に痛いとか言わなかったのですよ。
折れてるから仕方ないって割り切ってたし。

私 『もし受傷した時すぐ手術してれば、今と違ってましたかね?』
Y医師 『こんなに酷くなってなかったかもしれないね。』

手術後に聞いた答えが今でも本当にトラウマです。

言わなさ過ぎて、結局余計に半月版損傷してたから、
今度は痛かったらすぐに言おうと思って言ってたんですが・・・
逆効果だったみたいで



病院・・・行こうか行くまいか本気で悩み中


Posted by KINGSWING
comment:0   trackback:0
[私生活 ~左膝骨折~]  thema:医療・病気・治療 - genre:心と身体
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。